【壮絶】絶縁した母が押しかけて来た!母『お茶入れるね!』⇒怪しいので隙を見てお茶を交換したら・・・

絶縁した母が押しかけて来た

うちの母は、私が小さいころから浮気症?
で、よく男性を家に連れ込んでいました。

 

下校、帰宅すると、
知らないオジサンと鉢合わせ、
ということが何度もありました。

 

幸い、あまり生々しい現場を
直視したことはなかったのですが
(母が私に配慮してたわけでなく、
 私が見ないようにしていた)。

 

母の口癖は
「あんたなんか産まなければよかった」
「あんたのせいで不幸になった」

 

男の人を連れ込んでいることについては

「お父さんに絶対に言うんじゃないよ!
 言ったら、あんたは
 誰にも育ててもらえなくなって
 孤児院に行かなきゃならないんだよ」

と脅され、見ざる聞かざるを通していました。

 

しかしある日、父親にバレてしまい、
母は家を叩きだされました。

 

もう私も高校生だったので一通り家事も出来

「いない方が快適じゃん!」

と初めて気付きました。

 

成人してからは、
よく金の無心をしに来ましたが
一度貸したら、二度三度とキリがなく、
送金してもお礼どころか

「こんな はした金送ってきて!!」

と逆切れする始末でした。

 

さすがに母とは絶縁していたのですが、
昨年父が亡くなり、
遺産が私のところに来ました。

 

その途端に金目当てなのでしょう、
執拗に追いかけられるようになりました。

 

壮絶な続きは次ページで!