893の母にオレオレ詐欺!母「お金できたで、早よ取りに来なw」詐欺師「代理の者ですー」893が詐欺師をボコるかと思ったら・・・こりゃ想定外だわぁあ!

893の母にオレオレ詐欺をした半グレ組織の末路

私が某893組織に籍を置いていたのは
10年ちょっと前の話。

 

組織といっても地方の弱小組織で
本部はもとより、直参の2つの事務所も
他団体が進出しないであろう
隙間産業的な場所としのぎで暗躍していた。

 

そして私がカタギに戻った数年前の春に
ある事件が起こる。

 

その日は私の10歳上、40歳の兄貴分と二人で
当番で事務所に詰めていて、
帰宅前の昼頃に昼食をとっていたのだが
1階にいた住み込みの若い衆がバタバタと
2階に駆け上がってきて

「◯川さん(兄貴分)、母上らしき方が
 事務所に上げろとおっしゃっておりますが」

 

えええ?兄貴の母ちゃん?

私は正直ありえない展開に興奮!

 

兄貴分
「まてや?
 うちのおかんが来わけないだろうが。
 俺の名前言ったんか?」

さすがに普通は来るはずがないのだが
これを面白がって見ていたのが
ちょくちょく麻雀をしにくる
商工会の堅気さんを待っていた幹部。

「◯川の母ちゃんならワシも一目挨拶くらいは
 させてもらわにゃのう、あははっははぁあ」

 

兄貴分は幹部にちょっかいを出されて
メンツを潰されるのが嫌だったのか
急いで階段を駆け下り
私は何かババアを使った嫌がらせかと思い
兄貴分の後を追ったが、

部屋を出る寸前に雀卓付近に目をやると
幹部が立ち上がっていた。

 

これは本当に母ちゃんなら
面白いことになるぞとワクワクしながら扉付近 へ。

 

すると
ババア
「あんた上にあげろ言ってんのに
 恥ずかしいだろう
 ヤクザ事務所にずっと突っ立たせてからにー
 バカじゃないかいね?」

 

なに、バカだと!?

このババアは一体・・・


そこに兄貴分が登場し・・・

兄貴分
「ないやねん。何しにきとんのよ。
 じゃあ、はよ扉閉めてここまで入りいや。
 ほんまにオカン来るとかちゃうんやから。
 ほんで何?」

まさかのビンゴ・・・

 

すると既に後ろに来ていた幹部が

「お世話さんです。ほら上さあげたらんか。
 こんな寒いとこで話することありまへんで。
 茶ださんかい」

完全に兄貴分のメンツを潰して
面白い話題づくりに走っている・・・

 

兄貴分は
「早う要件だけ言ってや」
と簡潔に言うと

兄貴分オカン
「あんたじゃないのはわかっとる。

 この携帯に朝早うから、
 会社のお金を使ってヤクザに追われとるいう
 電話かかってくるんやわ。

 5回くらい電話があって、
 ヤクザにつかまってもうた言うてやなぁ。

 ほいでさっきはもう、
 輩みたいに怒鳴られて慌ててなぁ。

 家も調べて分かっとる言うて
 警察に言うたら全員どうなるか
 分からんから言うて
 息子とやらが泣きわめくんやわ。

 もしかしてあんたとこの人が
 間違えて掛けとんのやないかって思って。

 あんたとこ ちゃうやろ?」

 

最近流行りだしたオレオレ詐欺・・・
半グレの仕業で間違いない。

 

次ページへ続きます

★こちらの記事もおススメ★