3台分の駐車場を占拠するDQN車にギリ止め!「ゴラァ!人様の車ギリギリに止めんじゃねぇ!」⇨社会のゴミに制裁w

先輩の対DQN武勇伝その1

今はもう無い熱帯魚ショップの
常連だった俺の先輩の話。

 

ある晩、先輩はそのショップへ
水草だか餌だかを買いに行った。

個人のショップなんで車が
5台位しか止められない狭い駐車場に
3台分のスペースを占拠して
斜めに止めてあるDQNカーがあった。

 

そのせいで車が止められない先輩は、
そのDQNの車ギリギリに駐車
(別の先客もいて駐車場は満杯状態)。

 

車の中にはDQNの彼女か
奥さんらしき女性が乗っていたので
先輩は

「出すとき言って下さいね、どけますから」

とその彼女に伝えて店内へ。

 

入れ違いでDQNが駐車場へ出たらしく
先輩の車を蹴飛ばしながら

「誰じゃー?!
 人の車の横に止めたんはー?!!」

とブチ切れ状態・・・

 


 

レジから駐車場が見えるため
店長は常連の先輩へ

「○○さん、車蹴られてますよ」

とおっかなびっくり声をかける。

すると先輩はニコッっとしながら
DQNの居る駐車場へ。

 

ちなみにその先輩、図体はデカいが、
喧嘩が強いとかという話を
聞いたことが無い(w

いつもニコニコへらへらしていて
面白い先輩つーイメージしか無い。

 

先輩
「あー、君、済まないが、
 人の車を蹴るのは止めてもらえないかな?」

DQN
「ああー?!人様の車ギリギリに止めて
 ナニ言っとんじゃー?!」

 

次ページへ続きます

★こちらの記事もおススメ★