医者が絶対に口にしない危険な食べ物8選。あの大人気お寿司ネタも(((;゚Д゚))))

私たちが普段口にしている食品が
安全かどうかは気になりますよね?

 

ポテチ、コンビニ弁当、ジャンクフードなどは
食べてはいけない!とよく言われていますね。

ですが、体に悪そうとは思っていても
手軽だし、おいしいから食べてしまいがち。

 

体に悪いと知っていて食べるならまだしも、
知らずに食べていたとなると
ちょっと怖いですよね。

 

以外にも普段何気なく食べている食品が
危険だったりします。

中にはタバコに匹敵するか、
それ以上に体に悪い食品もあります。

 

そこで今回は
誰よりも人間の体を知っている医者が
絶対に食べない食品を10個ご紹介します。

特にあの大人気お寿司ネタには
震えすよ(((;゚Д゚))))


1. キムチ

韓国は数十年連続で
世界の胃がん発生率トップを走っています。

 

それがキムチによるものなのかは
明確にはなっていないのですが、
辛い料理で愛用されている唐辛子の辛み成分で
鎮痛剤にも利用されされている
「カプサイシン」
がガン発生を促進するという
研究結果が出ました。

この発表を受け、2005年フランスの衛生省
(日本の厚生労働省に当たる)が
「食べると人体に悪影響を与える食料」
のリストにキムチを追加した、
と発表しました。

 

中毒性が高く、
脳細胞にダメージを与えるとされる
「カプサイシン」
が多量に含まれることが主な理由で
この発表と同時に韓国からのキムチの輸入が
全面的に禁止されました。

 

そして、キムチは医者が飲まない薬と
合わせて二冠を達成しました。

 

次のページでも続々と
意外な食品が登場します!

次ページへ続きます

★こちらの記事もおススメ★