【警告】行ってはいけないパチ屋の特徴と「負ける日」今すぐチェックし勝率アップ!

日本遊戯関連事業協会によると
パチンコ人口は平成7年の
3,000万人をピークに
現在は1,000万人にまで激減しています。

店舗数は18,200店舗ありましたが
今や10000店舗を下回り、
現在も毎月40店舗が廃業しています。

生き残りをかけたパチ屋は
あの手この手でカモから
搾り取る方法を仕掛けてきます。

パチ屋の思惑を見抜き、
勝率を上げるために
全国のパチ屋に共通する

「行ってはいけないパチ屋」
「パチ屋に行ってはいけない日」

をご紹介します。


行ってはいけないパチ屋 4選

店選びの基準は人それぞれですが、
「家から近い」とか
「いつも空いていて好きな台を打てる」
などという理由で選んでいませんか?

 

楽しむことが目的ならば
それでもよいでしょうが
「勝ちたい」
のであれば店選びはとても重要です。

 

いつも勝っている「勝ち組」の人達は
店選びをとても重要視しています。

 

それでは「勝ちたい」人向けに
避けるべき店の特徴を見てみましょう。

次ページへ続きます

★こちらの記事もおススメ★