ついに韓国による竹島の不法占拠の理由・過程が全世界に拡散する!「ただちに竹島を日本に返還せよ!」

韓国が不法占拠を続ける日本の領土・竹島(島根県隠岐の島町)

 

韓国が一方的に自国領と宣言してから
日韓国交正常化までの間、
両政府は領有を主張する口上書を何度も交換した。

 

このやり取りに着目したのが、
県の第4期竹島問題研究会委員で
日本安全保障戦略研究所研究員の藤井賢二氏だ。

 

県主催の公開講座
「竹島問題を考える講座」で、
韓国が不法占拠を正当化していく
過程を口上書から分析してみせた。

 

講演の主な内容は次のとおり。
日本のカードは強力なのに…

領土問題の論争は、
ポーカーゲームのようなもの。

どちらが強い札を持っているかで勝負が決まる。

 

日本にはその点、

韓国にない強力な3枚のカード

がある。

 

次ページへ続きます

★こちらの記事もおススメ★