スポーツで起こった最悪な事件・事故5選。サッカーの審判のはヤバすぎる!

今回はスポーツで起こった
最悪な事件・事故を5つご紹介致します。

1.サッカー

2013年6月、ブラジル北東部にて行われ
たサッカーの試合中に、ジョセミール・アブ
レウ選手が反則を犯し、審判のオクタビオ・
ダシルバがレッドカードを出しました。

 

その判定に納得のいかなかったアブレウ選手
は、その審判に暴言を吐き、さらに蹴るなど
しました。

 

蹴られた審判は激高し、隠し持っていたナイ
フでアブレウ選手の胸を刺し、死亡させまし
た。

 

ですが、事件はこれで終わりません。

 

刺されたアブレウ選手の家族らがピッチに乱
入し、今度はその審判に暴行を加え、最後は
体を切りつけて殺害。

 

一部では、群衆は首を切り取って、かざした。
との報道もあり、審判の頭部と思われる映
像もネット上に流れましたが、今は削除され
ています。

 

この事件で、審判に暴行を加えた1人が逮捕
されています。

 


2.奇妙な行動

2005年10月20日、サウジアラビアの
サッカーチーム、アル・ハジャールのアブド
ゥルラーマン・アル・ショアイビ選手が試合
中に、相手選手と激突。

 

三半規管を一時的に損傷し、宙返りをしたり
バックステップを踏んだりと奇妙な行動をし、
会場は一時騒然となり、そのまま担架で運
ばれました。

 

治療の結果無事回復し、選手に復帰する事が
できています。

 

次ページへ続きます

★こちらの記事もおススメ★