【無法ポリス成敗】警察「ちょっといいですか?」俺「職務質問ですよね。拒否します」警察「拒否って…」→断ったら金もらえたwww

警察官の欠陥人間っぷり、

嘘は警察官の始まりと呼ばれる由縁

俗に言う無法ポリスに俺は出会った。

 

(DJポリスと出会ったならよかったのにwww)

 

俺は普通に買い物に行くために家を出た。

バックの中に財布と携帯を入れていた。

 

コンビニでよかったのだが、

もう少し遠くに行くと

アイスが安かったため、

遠出することにした。

 

この時が4月22日の出来事だったんだ。

 

奴らがいた

 

家を出て10分ぐらい歩いたところで出会ってしまった。

正直、関わりたくないので、

ちょっと道を外れて

奴らに見つからないようにしていた。

だが、その行動が怪しかったらしく

奴らは俺に声をかけてきた。

 

警察(以下K)

「あの~ちょっといいですか。」

 

俺「なんですか。」

 

K「これからどちらへ?」

 

俺「どうしてですか?」

 

K「え?」

 

俺「どうして、私の行く場所をあなたに言わなくてはならないのですか?」

 

K「・・・・・・・・。」

 

俺「これって、職務質問ですよね。」

 

K「え?ええ、そうですが・・・」

 

俺「私は用事があるのであなたたちに構ってられません。拒否します。」

 

K「拒否って・・・。」

 

どうやらこいつは拒否されたことは初めてだったのらしい。

馴れてないらしく、もう一人の警官(以下K2)が俺に詰め寄ってきた。

 

K2「あなたの家はこの辺?」

 

俺「答える義務はないですね。」

 

K2「あなたの名前は?」

 

俺「答える義務はないですね。」

 

K2「なぜ?」

 

俺「法律的にですよ。警職法ぐらい知ってますよね。」

 

K2「知ってるよ。でもね、これぐらいの質問には答えてもらわないと。」

 

俺「義務がない。もう行きます。」

 

K2「待て」

 

そう言ってK2は俺の前に立ち、通行を妨げてきた。

 

次ページへ続きます

★こちらの記事もおススメ★