エアガンで俺を撃った小学生⇒ブチ切れてガキの親の腕を0距離射撃!さらに・・・

中2の頃、友人宅から帰る途中で
頬に激痛が走った。

 

笑い声が聞こえたのでそこを見ると、
小学校低学年と思われる
ガキが数名こっちを見ていた。

 

その中の一人は拳銃型の玩具を持っていた。

 

引用元:ボケて(bokete)

 


 

銃口をこっちに向けてきたため
思わず怯んでしまい、
それで再び笑われた。

 

さすがに腹が立ち、ガキどもに向き直る。

 

接近すると改めて
銃口を向けてきたので
目に当たらぬよう両腕で顔をガードし、
大まかな見当をつけながら更に接近すると、
ガキは容赦なく発砲し腕に着弾した。

 

かなり痛い。

ガードしてなければ目に当たってもおかしくなかった。

 

次ページへ続きます

★こちらの記事もおススメ★