【因果応報】昔 私をイジメてたA子は、夫がA子の上司と知ると「首にされそうなの!助けて」⇒結果・・・嬉しくてスキップしたwww

武勇伝と言うより
勝手に自爆してくれた話ですが
胸がスーッとしたので
こちらに投下させていただきます。

 

高校生の時に両親が離婚して
母の地元(人口40万程度の地方都市)
に引っ越してきた。

 

2年生の1学期の途中という
実に中途半端な時期に女子高への転校。

(画像:女子高の実態)

 

しっかりグループが出来ていた中に
ひとりで放り込まれた状態で、
ハッキリ言って苛めはあった。

 

初日に挨拶したときも
先生に促されて席に向かうときも
休み時間も帰宅の時も誰も
声を掛けてもらえなかったのは別にいい。

 

嫌だったのは、横目でチラチラ見て
クスクスクスクス笑うこと。

何が可笑しいのかさっぱり分からないけど、
あきらかに嘲笑を含んだ笑い方で
気持ちのいいものではなかった。

 

苛めだなと決定的に感じたのは
2ヶ月ぐらい経った頃にあった修学旅行で。

 

次ページへ続きます

★こちらの記事もおススメ★